HOME > 専門家向け情報 > 専門家向けQ&A

専門家向けQ&A

Q.新規に追加検査の契約を行いたい場合、どのようにしたらいいですか?
岐阜県公衆衛生検査センター臨床検査課に連絡願います。
岐阜県公衆衛生検査センター
Q.保護者に渡す検査セット等を具体的に教えてください。
通常の新生児スクリーニング検査以外に、以下のものをお渡しください。
1. 「新生児マススクリーニング検査追加検査のお知らせ」
2. 「新生児マススクリーニング検査の追加検査申込書(兼同意書)」
3. 追加検査パンフレット(A3 三つ折り)
Q.追加検査は有料となっていますが、保護者にはいくら請求すればいいですか?
追加検査項目(原発性免疫不全症等7疾患)は下記の費用がかかります。
下記1の検査料に2の費用を合計した額を保護者にご請求ください。
1. 検査料:9,000円(税別)
2. 説明料、指導料、郵送料、事務手数料等:各産科医療機関にて決められた額。
Q.追加検査の開始のタイミングはどのようになるのでしょうか?
出生日が令和3年4月1日以降の赤ちゃんを対象にします。
検査セットは、4月1日以降に出産する保護者にお渡しください。
ポスターやパンフレットは、配布後、随時ご利用ください。
Q.岐阜県公衆衛生検査センターより検査申込書が届いていないとの連絡がありましたが、送る必要がありますか?
追加検査では、検査を希望することを確認するため、水色の検査申込書(検査機関控)をろ紙と一緒にお送りい
ただく必要があります。

Q.ピンク色ろ紙の一番上の複写用紙の1枚目を剥がしてもよいでしょうか?
一番上の1枚は剥がして頂いても構いません。
Q.追加検査の再採血の連絡を受けた場合、対象の赤ちゃんにはどのような手続きが必要ですか?
これまでの新生児スクリーニング検査と同様、対象の赤ちゃんに御連絡いただき、採血をお願いいたします。
(再検査について岐阜県公衆衛生検査センターから医療機関に追加の請求はおこないません)
※再検査の採血は、白いろ紙(既存検査使用)をご使用ください。
Q.要精密検査の連絡を受けた場合、どのような手続きが必要でしょうか?
これまでの新生児スクリーニング検査と同様、貴施設から、保護者の方へのご連絡をお願いいたします。
Q.要精密検査の連絡を受けた場合、患者さんに受診をするようにご案内する精密医療機関はどちらになりますか?
追加検査陽性者については、あらかじめ、コンサルタント医と相談し、岐阜大学医学部附属病院小児科をご紹介いたしますが、里帰り分娩などで他県へ帰られる場合は、適切な専門医療機関をご紹介いたします。
Q.保護者に配布する資材(お知らせや申込書等)や採血用ろ紙は、どのように手続きしたら送ってもらえますか?
必要となる資材は全て岐阜県公衆衛生検査センターからお送り致します。
(保健所からの配布ではありませんのでご注意ください)
在庫切れとならないように少し早めにご連絡ください。
《送付資材》
●新生児マススクリーニング検査の追加検査のお知らせ
●新生児マススクリーニング検査の追加検査申込書(兼同意書)
●新生児マススクリーニング検査 追加検査のご案内(A3 三つ折り)
●追加検査ポスター(A2)
●新生児マススクリーニング追加検査 PRビデオ(DVD)
●採血用ろ紙(追加検査用;ピンク色のもの)

各医療機関における検査開始時に「資材注文用紙」をお送りしておりますので、ご使用ください。
用紙は、検体送付時に同封していただくか、FAX:058-248-0229 で送信をお願いします。(間違い防止のため、お電話でのご注文は控えていただきますようお願いいたします)
※注文用紙がない場合は、岐阜県公衆衛生検査センター臨床検査課にご連絡ください。
詳細は別のページをご確認下さい。
岐阜県公衆衛生検査センター
Q.追加検査の濾紙を既存の検査の濾紙と一緒に送付し忘れた場合どのように対応したら良いでしょうか?また、あとから追加で検査の希望があった場合、送付してよいでしょうか?
既存検査分送付後、後からお送りいただいてもかまいません。その場合、付箋などでその旨記載し、添付してください。
※いずれの場合も追加検査の申込書(兼同意書)は必ず送付願います。
※原則として、既存検査と追加検査の検体は一緒にお送りいただきますようお願いします。

一般社団法人 東海マススクリーニング推進協会